運動後の青汁の効果について

By | 2017年12月12日

青汁が美容と健康に高い効果を示すという事から、日々の生活に取り入れている人も多くいます。
特に身体に不調を抱えている人や、疲れが蓄積されて困っている人、美容と健康に対して意識の高い人などは毎朝飲んでいるという人もいるのではないでしょうか。
世の中には様々な健康食品やサプリが溢れていて、栄養を補助してくれるものですが、これらの補助食品も摂取するタイミングにフォーカスするとさらに高い効果を見込めます。

青汁に含まれているカルシウムやビタミンは脂肪燃焼の効果を高める働きがあります。
そのため、運動後に飲む事で、既に進んでいる脂肪燃焼効果を促進してくれるでしょう。
また、激しい有酸素運動をした場合、汗と一緒にミネラルなどが出て行ってしまっていく場合がありますが、運動後に青汁を飲めばこうした栄養素を補う事が出来て、栄養不足や運動による筋肉疲労を予防する事が出来るでしょう。
通常身体を動かす時にはスポーツドリンクなどを一緒に飲んで、水分の放出を防ぐというのが一般的ですが、青汁にも水分を保護する力がありますから同じように働いてくれます。
運動前に飲むと、青汁に含まれる栄養分が脂肪と一緒に失われてしまい、せっかくカロリーを消費しても、青汁の分だけが消費されて元の状態と変わらないという事も考えられます。

また空腹時に飲む方が栄養の吸収率が高まりますから、満腹の時は避けるなどの工夫をして取り入れるのも良いのではないでしょうか。